ダビマスの最強馬はファーストオーダーで3代でいける?

ファーストオーダーを使用した配合をの3代目で、最強馬を作ることができるのか気になっている方が多いはず。

 

ここにダビマス 最強馬 ファーストオーダー 3代で検索してきて訪れた方もいらっしゃると思います。

果たしてファーストオーダーを使えば3代目で最強馬は作れるのでしょうか。

 

[人気記事]

ダビマスの最強馬とは

そもそも最強馬って一体何か。

この定義は人によって違うかもしれませんが、私が考える最強馬は能力にスピードA、スタミナAが入っている。

 

その上で、勝負根性もあり、クロス効果も増幅されている仔馬のことです。

他の人は違うかもしれませんが、私はそれが最強馬だと考えます。

 

ファーストオーターで最強馬が誕生方法

ファーストオーターを配合に使う事で最強馬を誕生させることは可能です。

配合の手順としては

初期配合⇒ファーストオーダー(優)× ウォーエンブレム(☆4)

 

この組み合わせで配合をします。

 

次は

2代目配合⇒初期配合で生まれた仔馬×オペラハウス

と配合します。

 

これだけで完璧な配合になりますが、最強馬には程遠いです。

というのも最強馬にするには、スピードA、スタミナAが必須ですよね。

 

そのため、2代目の配合の組み合わせを変えて

2代配合⇒初期配合の牝馬 × サクラローレル(☆4)

 

サクラローレルを混ぜることで、スピードを強化を狙います。

 

その次は

3代配合⇒2代配合の牝馬 × シニスターミニスター(☆3)

 

これを行う事で3代目でスピードAを持った仔馬が生まれてきます。

ですが、オペラハウスの安定がCということもあり、能力の当たり外れがあります。

 

シニスターミニスターを混ぜることで完璧な配合でクロスはミスプロ5×5になります。

上手くいくとスピード、スタミナがAも狙えるので何度もトライしてみて下さい。

 

注意点

ダビマスでは同じ馬同士で配合した場合だとしても、配合結果が変わります。

 

特にオペラハウスを使った配合は安定Cなので、ステータスに幅が出て来るので、中々思うようにいかないかもしれませんが、諦めずにトライしてみるのも良いかもしれませんね。

 

何といっても種牝馬がそろえやすいのがこの配合のメリットだと私は考えています。

 

まとめ

今回はファーストオーダーを使用した3代目で最強馬の作り方についてご紹介しました。

3代配合なので少し面倒くさいですが、強い馬の量産が狙えるおすすめ配合の組み合わせはこの記事で書いた通りです。

 

ダビマスのコツとして完璧な配合の前でステータスの高い仔馬を誕生させることができるかが重要だと思います。

 

サクラローレルを挟むことによってスピードを底上げすることで、最強の仔馬の誕生へ一歩近づけると考えています。

では、最後までありがとうございました。

[人気記事]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です