ダビマスの最強馬!ファーストオーダーの結果

ファーストオーダーをつかった配合を行う事で、最強馬を作ることができるという噂があり、ダビマスの最強馬、ファーストオーダーの結果と検索するユーザーが増えています。

果たしてファーストオーダーで最強馬は作れるのでしょうか、結果は・・・

[人気記事]

ダビマスの配合について

ダビマスの配合で知っておくべきことは配合理論です。

 

配合するときの血統の構成が条件を満たしていれば成立するものがあって、成立していれば産まれてくる馬の能力を上昇してくれる効果が有ります。

配合をする上で知っておくべきことはクロス(インブリード)とアウトブリードの違いです。

 

クロスってなに?

父と母の血統5代以内に同じ馬がいる場合にはクロスになります。

 

クロスが成立している場合、種牡馬選択のときに肌色になり、因子が光るのですぐに分かるようになっています。

成立することで因子が引き継がれます。

 

アウトブリードとは?

簡単にいうとクロスではない配合の事を指します。

 

種牝馬選択時には拝啓が白色になっているのが目印です。

 

因子は引き継がれないかわりに、丈夫な仔馬が生まれてきます。

 

ファーストオーターで最強馬が誕生する?

ファーストオーターを配合に使う事で、完璧な配合の馬を作ることができます。

 

手順としては

初期配合⇒ファーストオーダー(優)× ウォーエンブレム(☆4)

 

で配合して生まれた仔馬を次はオペラハウスと配合します。

 

2代配合⇒初期配合の牝馬 × オペラハウス(☆4)

これだけで完璧な配合ですが、最強馬には程遠いです。

 

最強馬にするには、スピードA、スタミナAが必須ですよね。

そのため、4代まで配合をします。

 

具体的な手順としては

 

初期配合⇒ファーストオーダー(優)× ウォーエンンブレム(☆4)

2代配合⇒初期配合の牝馬 × サクラローレル(☆4)

3代配合⇒2代配合の牝馬 × シニスターミニスター(☆3)

 

これで、スピードAを持った仔馬が生まれてきます。

サクラローレルを混ぜることで、スピードを強化することができるので、必ず入れましょう!

 

これの配合は種牝馬が☆3、☆4なのでそろえやすいのが何よりもメリットとなっています。

 

注意点

ダビマスでは同じ馬同士で配合した場合だとしても、配合結果は異なります。

オペラハウスを使った配合は「安定C」なので、ステータスに幅が出て来るので、上手くいくまでトライし続けましょう。

 

まとめ

今回はファーストオーターを使った最強馬の出し方についてご紹介しました。

ファーストオーダーを使った配合は種牝馬が揃えやすいのが何よりもメリットだと私は感じました。

 

これだけが、最強への道ではないので、ご自身で何か探すのもダビマスの面白さの一つになるかもしれませんね!

では、最後までありがとうございました。

[人気記事]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です